噛み合ったときのバジリスク絆は最高

バジリスク絆を打つきっかけとなったのは、私がバジリスクの原作が大好きだったことと、パチスロ動画を視聴していた際ほとんどのライターさんが絆を打っていたからでした。今でも忘れませんが初めて絆を打ったとき、1番初めのBCで残り3ベル(設定6が確定)が出て、驚いて声が出ませんでした。そのあとのBTでは、面白いように絆高確が来て、しかも対応役がうまく絡み、この時点で3000枚ほどの獲得。流れがとても良いことは分かっていましたが、なんとダメ押しのフリーズ。白背景でリールが勝手に回転するあの快感がたまりません。また、原作を知っているので画面を見ながら切なくなって、泣きそうになりました。この台を作ったユニバーサルさんは、原作もしっかり理解したうえで愛を持って作ってくれたのだろうと感じました。結局フリーズの恩恵である祝言モードはあまり活かせずでしたが、継続率で何セットも続き、最終的にはエンディングも見て6000枚の獲得で終了しました。この感動が忘れられず、その後何回か打ちましたが正直ツモれないと本当にきつい台だと思います。私にとっては良い思いも、悪い思いもどちらも味わった、思い出深い台でした。